Tag: ホロ酵素

補酵素とは何?定義と例

補酵素は、酵素の触媒機能において重要な役割を果たす低分子量分子です。したがって、それらは酵素系の一部です。この酵素は、植物や動物の生きた細胞内で化学反応を触媒するタンパク質の性質を持つ巨大分子ですが、これらの細胞の外で、それらとは何の関係もなく作用することができます。各酵素は単一のタイプの反応を触媒し、ほとんどの場合、単一の基質またはそれらの非常に小さなグループに作用します。酵素の分類は、触媒反応に基づいて行われます。いくつかの酵素は単純なタンパク質であり、他の酵素は結合タンパク質です。つまり、タンパク質画分と補因子と呼ばれる非タンパク質グループによって形成されます。 ほとんどの場合、酵素だけではその触媒作用を発揮できず、生物学的触媒としての機能を果たすには、タンパク質以外の性質を持つ他の低分子量分子が必要です。酵素で触媒的役割を果たすこれらの他の分子は、補酵素と呼ばれます。 ...