Tag: ハロゲン化水素反応

反マルコフニコフ加算の意味を学ぶ

その名前が示すように、反マルコフニコフ反応は、アルケンへの付加反応であり、マルコフニコフの法則によって予測されるものとは反対の位置選択性を示します。これは、付加生成物において、水素原子が置換度の高い原子 (元の水素の数が少ない原子) に結合したままであるのに対して、求核試薬は置換度の低い原子に結合したままであることを意味します。 反マルコフニコフ付加反応は、反応物と生成物において、マルコフニコフ配向に従う反応と似ています。ただし、それらは通常、異なる条件下で発生し、常に非常に異なる反応メカニズムに従います。特に、それらは過酸化物または紫外光の存在下で発生する傾向があるため、カルボカチオン機構ではなくフリーラジカル機構に従いますが、フリーラジカル機構に従わない反マルコフニコフ反応の例もあります。...