Excel で ZTEST 関数を使用する方法

Artículo revisado y aprobado por nuestro equipo editorial, siguiendo los criterios de redacción y edición de YuBrain.


推論統計では、仮説検定と呼ばれるものを実行する必要があります。このために、SPSS、SAS、SVIVO、および広く使用されている Microsoft Excel など、複数のデータ管理プログラムを利用できます。Excel では、ZTEST 関数は、サンプル平均がデータ セット内の観測値の平均よりも大きい確率を提供します。

ZTEST 関数の構文

関数の構文には、次のものが含まれている必要があります。

  • 行列: x を検証する必要があるデータの範囲を指します。
  • x: チェックする値を示します。
  • シグマ: この値はオプションで、母集団の標準偏差を表します。設定されていない場合、関数はサンプル標準偏差を使用します。
  • 構文は次のとおりです: TEST.ZN(行列,x,[シグマ])

使用例

次のデータを使用して、ZTEST 関数の動作を確認できます。正規分布した母集団からの単純な無作為標本を使用し、平均は不明、標準偏差は 3 です。

  • データ: 1、2、3、3、4、4、8、10、12。

10% の有意性を使用して、サンプル データが平均 5 を超える母集団に由来するという仮説の検定に進みます。この推論により、次の仮説が提示されます。

  • 0  : μ = 5
  • ハ : μ  > 5

ZTEST 関数を使用すると、p 値は次のように求められます。

データは Excel の列 (A1 から A9 まで) に入力され、別のセルに TEST.Z が入力されます (A1: A9,5,3)。これにより、結果として 0.41207 が得られます。p が 10% を超えるため、帰無仮説を棄却しません。

重要事項

配列引数が空の場合、関数は #N/A エラーを返します。

sigma が省略されていない場合、関数は次のように計算されます: TEST.Z(  matrix,x,sigma  ) = 1-  RDist.NORM((Average(matrix)-  x) / (sigma/√n),TRUE) .

ZTEST 関数は、平均値が観測値より大きい確率を表します。

次の式を使用して、サンプルが平均よりも平均よりも x から離れている両側確率を計算するには、次の式を使用します。

=2 * MIN(TEST.ZN(行列,x,シグマ); 1 – TEST.ZN(行列,x,シグマ))。

式の例

列に次のデータを使用すると、上記の式に従って異なる結果が得られます。

データ: 3, 6, 7, 8, 6, 5, 4, 2, 1, 9. (セル A1 から A11 まで)

  • 式: =TEST.ZN(A2:A11,4) 結果: 0.090574
  • 式: =2 * MIN(TEST.ZN(A2:A11,4); 1 – TEST.ZN(A2:A11,4)) 結果: 0.181148
  • 式: =TEST.ZN(A2:A11,6) 結果: 0.863043
  • 式: =2 * MIN(TEST.ZN(A2:A11,6); 1 – TEST.ZN(A2:A11,6)) 結果: 0.273913

参考文献

マイクロソフト (s/f)。ZTEST 関数。入手先: https://support.microsoft.com/es-es/office/funci%C3%B3n-prueba-z-d633d5a3-2031-4614-a016-92180ad82bee

パラド、F. (2016)。関数 TEST.Z Excel 2013。 https://youtu.be/Yf8OpYnXJOAで入手可能

-広告-

mm
Isabel Matos (M.A.)
(Master en en Inglés como lengua extranjera.) - COLABORADORA. Redactora y divulgadora.

Artículos relacionados

実数は?

確率の公理

円周の計算