結合体積の法則。意味

Artículo revisado y aprobado por nuestro equipo editorial, siguiendo los criterios de redacción y edición de YuBrain.


1808 年、ルイス・ジョセフ・ゲイ=リュサックは、次のように結合体積の法則を策定しました。化学反応では、それに関与するすべてのガス状物質の体積は、単純な整数の比率になります。

この法則は、化合物または試薬の元素の質量比を表す化学量論法則の一部です。結合体積の法則は、気体の物体にのみ適用され、固体または液体の物体には適用されません。Gay-Lussac は、結合した気体の体積が、結合した気体の体積の合計以下であることを観察しました。

例:

反応中

2H2(g) + O2(g) → 2H2O(g)

2 倍量の H 2 が 1 倍量の O 2 と反応して、2 倍量の H 2 O が生成されます。

参考文献

EcuRed (s/f) コンビネーション ボリュームの法則。入手可能: https://www.ecured.cu/Ley_de_los_vol%C3%BAmenes_de_combinaci%C3%B3n

Guatiérrez, E. (2021) 化学。逆行。入手可能: https://books.google.co.ve/books?id=cSQuEAAAQBAJ&

-広告-

mm
Isabel Matos (M.A.)
(Master en en Inglés como lengua extranjera.) - COLABORADORA. Redactora y divulgadora.

Artículos relacionados