美徳についてプラトンの「メノー」が語っていること

Artículo revisado y aprobado por nuestro equipo editorial, siguiendo los criterios de redacción y edición de YuBrain.


プラトンは、紀元前 5 世紀末から紀元前 4 世紀初頭にかけて古代ギリシャに住んでいたアテナイの哲学者であり、彼の時代とその後の哲学研究の発祥地である名高いアテネ アカデミーを設立しました。アリストテレス、スペウシッポス、カルケドンのクセノクラテス、トリアシオのクレート、クニドスのエウドクソ、ヘラクリデス・ポントス、ユリアヌス皇帝、カエサレアのバジルなど、他の有名な哲学者もそこで訓練を受けました。

プラトンに大きな影響を与えたのは、彼の師でありメンターである有名な哲学者ソクラテスでした。

プラトンの考えは、彼の著作の 30 以上の対話と寓話に含まれています。彼の作品のほとんどはそのまま保存されており、政治、哲学、倫理、形而上学、心理学、人類学、宇宙論、およびその他の分野のトピックをカバーしています。

プラトンの最も重要な作品には、共和国、ソクラテスの謝罪、メノ、クリトンプロタゴラストラシマコスバンケットファイドソフィスト法律などがあります。

プラトンは、「形態論」や「回想論」など、さまざまな哲学理論で有名です。

80歳で亡くなったと推定されています。今日、彼は近代西洋哲学の父と見なされています。

作品について

MenoまたはVirtue は、プラトンの対話の 1 つであり、登場人物間の会話を通じて、美徳の性質について考察します。形而上学的および道徳的な問題に対処する古典です。プラトンが紀元前 385 年から紀元前 402 年の間に書いたと推定されています。

Menoでは、4 人のキャラクターが登場します。

  • メノ:ゴルギアスの弟子でテッサリア出身の青年で、美徳とは何かを知っていると思っています。
  • ソクラテス: プラトンの哲学者であり教師であり、メノの主張に反論し、定義の探求において彼を導きます。
  • アニト: 裕福なアテナイ人で、後にソクラテスに対する告発と彼の有罪判決に参加することになります。
  • メノの奴隷: これは、信念と知識の関係を証明するためのソクラテスのデモンストレーションの一部です。

この作品は、次の4つの主要部分に分けることができます。

  • 「美徳」の定義。
  • 知識が生まれつきであることを証明する議論。
  • 美徳を教えられるかどうかの議論。
  • 美徳を教える教師が存在しない理由として考えられること。

パート 1: 美徳の定義

メノの対話は、興味深い質問を表現することから始まります。美徳を教えることはできますか? このアプローチに基づいて、ソクラテスは美徳とは何かを知らず、したがってそれを教えられるかどうかもわからないと断言します。この反応を踏まえて、彼らは美徳を定義するための議論を開始します。

対話の過程で、メノの混乱と無知は明らかであり、無知で訓練を受けていないと思われる奴隷の生来の知恵.

美徳の 3 つの定義を提示することに加えて、メノは、魂、知識、および記憶する能力に関する他の概念を提起します。

最初の定義

メノの美徳の最初の定義は、男性、女性、子供、老人など、その人によって異なるというものです。このように、美徳のさまざまな定義が存在することになり、単一の概念を作成することになると逆効果になります。

[…] MENÓN: まず第一に、もしあなたが人間の美徳を望むなら、それは国家の事柄を管理できること、そしてそれらを管理し、一方では友人に善を行うことにあると言うのは簡単です.一方、悪い、敵に、後者があなたに起こらないように自分の世話をします。一方、女性の美徳が必要な場合は、家をうまく管理し、自分の内面を保ち、夫に従順であることが必要であると答えることは難しくありません。もう 1 つは、男性であろうと女性であろうと、子供の美徳でなければなりません。そして、他にも多くの美徳があるので、美徳とは何かを言うことに問題はありません。実際、私たちのそれぞれの職業や年齢に応じて、それぞれの機能に関連して、美徳が私たちに現れます。私が信じるのと同じように、ソクラテス、悪徳も現れます。[…]

しかし、ソクラテスはこの定義に納得しておらず、すべての人間が同じ本質を持っているため、すべての人にとって同じ美徳の概念に到達できることをメノに思い出させます. 同様に、この定義の後、対話では美徳は節度と正義によって形成されることが確立されます。

第二の定義

メノの 2 番目の定義では、美徳とは他者を統治する能力、つまり権力を指揮または行使できる能力であると断言しています。

[…] MENÓN: ええと、男性を統治できること以外に何がありますか? あなたはあらゆる場合にユニークなものを探しているからです. […]

ソクラテスは、例として子供と奴隷の場合を使用してこの議論に反論し、それぞれ親または主人に命令することはできません.

第三の定義

美徳の 3 番目の定義で、メノは美しいものや良いものを所有したいという欲求であると主張しています。

[…] メノン: では、ソクラテス、その美徳とは、詩人が言うように、「美しいものを好み、力を持つこと」にあるように私には思えます。私はこれを美徳と呼んでいます。美しいものを欲しがり、手に入れることができることです。[…]

この場合、ソクラテスは、人は自分が良いと思うものを欲しがるものであり、それらはそうであるかもしれないし、そうでないかもしれないと示唆しています。したがって、何が良いかについての議論が開かれています。ここでも、正義と節度をもって物を調達する能力として美徳を定義する可能性が現れます。

第二部:知識の生来の性質

『メノ』の第 2 部では、登場人物は、知識が実際に生来のものかどうかを理解しようとします。ここでいくつかの重要な概念が浮かび上がります。

  • メノのパラドックス: 私たちが何かを知っているかどうかを示唆しています。何かについての知識があれば、それ以上調査する必要はありません。しかし、それが何かわからない場合は、尋ねることはできません。なぜなら、何を探しているのかわからず、見つけたとしても認識できないからです。
  • 魂の不死性:転生しながら知識を蓄積していく魂の存在。
  • 学習の定義: すでに知っていることを思い出すプロセス。
  • 信念と知識の違い:ソクラテスが幾何学の問題を提起する奴隷のデモンストレーションを通して。その中で、スレーブは正方形の面積を2倍にする必要があります。奴隷の失敗した試みに直面して、彼らが何かを知っていると信じていることと、それを本当に知っていることの違いが明らかになります.

回想

これらの概念に加えて、対話のこの部分では回想の概念も導入されます。この用語は、何かを記憶する能力として定義されています。しかし、プラトンはそれを、不滅の魂に蓄積された以前の知識を思い出す可能性と関連付けています。

この回想理論は、すべての知識は生来のものであり、覚えておくだけでよいと述べています。

パート 3: 美徳の教え

第三部では、アニコというキャラクターが登場し、美徳を教えられるかどうかの議論が始まります。ここでは、美徳とは善で有益なものであり、それには慎重さが伴うという考えを支持しようとする議論が提示されています。これらの議論によれば、美徳は教えることができると結論づけられています。

しかし、ソクラテスは、美徳を教える教師がいない場合、これらの主張に疑問を投げかけています。

さらに、メノのこの部分では、美徳は知識であるというプラトンの考えが再確認されています。

第四部 なぜ徳の師がいないのか?

この最後の部分では、徳を教える教師がいない理由や、徳のある人になる方法について説明します。同様に、ペリクレス、テミストクレス、アリスティデスなどの有名なアテナイ人が例として挙げられています。

メノの終わりに、美徳についてのパラドックスが表現されます。一方では、美徳は一種の知識であるため、教えることができます。しかし一方で、美徳の教師はいないので、他人に教えることはできません。

善良な男性は有徳であることを説明するために、プラトンはソクラテスの対話を通じて、男性の欲望や意図から逃れる神聖な要素があることを示唆しています。

参考文献

  • プラトン。対話 Ⅱ.(2016)。スペイン。グレドス。
  • フェルナンデス デ ラ クエバ、M.プラトン メノン、または美徳。(2012)。スペイン。ライブブック。
  • Politzer、G.哲学の初歩的および基本的原則。(2020年第2版)。スペイン。アカル エディション。
-広告-

mm
Cecilia Martinez (B.S.)
Cecilia Martinez (Licenciada en Humanidades) - AUTORA. Redactora. Divulgadora cultural y científica.

Artículos relacionados