社会学における「Gemeinschaft」と「Gesellschaft」の意味

Artículo revisado y aprobado por nuestro equipo editorial, siguiendo los criterios de redacción y edición de YuBrain.


GemeinschaftGesellschaft は、ドイツ語に由来する 2 つの用語で、それぞれコミュニティと社会の概念を指します。社会学では、小さな農村社会と大規模な産業社会で発生するさまざまな社会的結びつきに名前を付けるために使用されます。

GemeinschaftGesellschaftの概念の起源

GemeinschaftGesellschaftの概念は、現代社会学において非常に重要であり、ドイツの社会学者 Ferdinand Tönnies の研究から生まれました。1887 年に出版された彼の著書Gemeinschaft und Gesellschaftで、Tönnies は科学的な観点からこれらの用語を最初に使用しました。その後、ドイツの社会学者マックス ウェーバーもこれらの定義を拡張しました。

フェルディナント・テニス

Ferdinand Tönnies (1855-1936) は、ドイツの田舎で生まれ育った言語学者、哲学者、社会学者でした。彼は国内で最も権威のある大学で訓練を受け、キール大学で教授として働いていました。

プロとしてのキャリアの中で、Tönnies はドイツのコミュニティの研究に焦点を当てていました。ドイツのコミュニティは、彼の時代に工業化の拡大による変容を遂げていました。彼の研究の結果として、彼は1887 年に彼の著書Gemeinschaft und Gesellschaft (スペイン語、コミュニティ、社会) を出版しました。GemeinschaftGesellschaftの概念を作り出すことに加えて、彼は当時の伝統的な農村社会と産業社会について詳細な研究を行いました。

コミュニティと社会に関するこの理論的枠組みが、ドイツが強力な工業化プロセスを経ていた歴史的背景の中で開発されたことを強調することは重要です。言い換えれば、小さな伝統的なコミュニティが変化し、大規模で近代的な工業都市が生まれました。さらに、第一次世界大戦の前、最中、後に起こった紛争に現れる重要な社会的および政治的変化が起こっていました.

社会学者のマックス・ウェーバーとゲオルク・ジンメルと共に、Tönnies は 1909 年にドイツ社会学会を設立しました。これは、社会学の分野での研究を促進することを目的とした非営利団体です。今日、これら 3 人の社会学者は、ドイツ社会学の「父」と見なされています。

マックス・ウェーバー

マックス ウェーバー (1864-1920) は、ドイツの歴史家、社会学者、経済学者、理論家であり、今日でも関連するさまざまなトピックについて広範な研究を行っていました。宗教、資本主義、国家、社会階層、都市生活に関する彼の研究は、今日でも参考資料として使用され続けています。

ウェーバーは裕福な家庭で育ち、両親は異なる政治的および宗教的見解を持っており、後に彼自身の世界観に影響を与えました。子供の頃、ウェーバーはゲーテや他の知識人のような作家の古典的な作品に興味を持っていました。彼は法律と歴史を専攻し、若い頃は法律事務所で働いていました。その後、ベルリン大学の教授を務めた。

1893 年、彼はマリアンヌ シュニガーと結婚しました。そのうちの 1 つであるThe City は、死後 1921 年に出版され、さまざまなトピックに関するテキストのコレクションが含まれていました。この本では、ウェーバーは、テニースが以前に形成した概念を発展させ、現代のドイツの都市の分析を深めました。

1924 年に、この本はウェーバーのより大きな著作に組み込まれ、「経済と社会」という名前が付けられました。ここではゲマインシャフトゲゼルシャフトの概念が拡張され、社会、社会構造、社会秩序の経時的または一定期間の変化を検出および研究するための理想的なモデルとして使用されました。

社会学内に新しい理論的枠組みを提供することに加えて、Tönnies と Weber の研究は、コミュニティと社会の側面における他の社会学者の関心を呼び起こしました。このため、彼の調査研究はその後の他の社会学研究の基礎となり、今日でも有効です。

ゲミエンシャフトゲゼルシャフトの主な違い

彼の作品Community and Societyで、Tönnies は 2 つの理論を詳しく説明しました。1 つはコミュニティに関するもので、もう 1 つは社会に関するものであり、それらを異なる反対の環境として提示しています。これらの理論の中で、彼はそれぞれの特徴を詳しく説明し、それぞれVerhältnis (「関係」) やVerbindung (「組合」) など、コミュニティや社会を区別するのに役立つ他の概念を強調しました。

ゲマインシャフトとは?

社会学者の Tönnies は、共同体、つまりGemeinschaft を、一般に農村地域に住むかなり少数で均質な集団と定義しました。

コミュニティには、人々が密接に交流する個人的な社会的つながりまたは「関係」があります。人々が顔を合わせて交流することは一般的です。また、コミュニティでは、人々は、複雑な制度や大きな分業を必要とせずに、自分たちの行動を規制する伝統的な社会的ルールに従います。

コミュニティの活動は、メンバーが共同の努力を通じて全体的な利益を求める協同組織になります。彼らはまた、他者に対する道徳的義務感に支配されています。コミュニティでは、個人の利益ではなく、グループの利益が優先されます。

Gemeinschaftでは、人々は価値観、信念、感情、および感情 (Tönnies はコミュニティの本質、またはドイツ語でWesenwilleと呼んだ) によって駆動される社会的絆を作成します。後にウェーバーは、この特徴を愛情、伝統、習慣、人々の親密さに関連する「主観的な感情」と表現しました。

ゲゼルシャフトとは?

社会またはGesellschaft は、産業が開発と近代化において重要な役割を果たす、より大きく、より異質な都市を指します。一般的には、中央政府、民間企業、および社会の行動を規制するシステムによって組織されています。さらに、複雑な社会秩序と大きな分業があり、各市民が特定の役割とタスクを開発しています。

社会は、コミュニティとは異なり、必ずしも対面または対面で行われるとは限らない、より非個人的で間接的な社会的つながりと相互作用を提示します。たとえば、今日の社会では、電話、テキスト メッセージ、電子メールなどによるコミュニケーションがより頻繁に行われています。ただし、社会には、密接な関係ではなく、個人的または個人的な関心によって決定される「結合」または結束があります。

社会では、人々の活動は、合理性と効率性の向上を特徴とする形式的な価値観と信念から生じます。さらに、人々は経済的、政治的、個人的な利益のために移動します。その結果、人口は協力よりも競争に傾倒することになります。つまり、社会では個人の利益が集団の利益よりも優先されます。

社会的絆は、Wesenwille、または感情や感情によって作成されるのではなく、合理的な意志であるKürwilleによって作成されます。ウェーバーはこれを、愛の代わりに正義などの価値観に基づいた相互の合意として説明しました。その中で、人々は目的や利益を達成するために合理的な方法でルールに参加し、それに従います。

Tönnies は、社会におけるコミュニティの基盤である伝統的、家族的、宗教的、感傷的なつながりが、科学的合理性と自己利益に取って代わられることを観察しました。

今日のGemeinschaftGesellschaftの概念

Tönnies は、これらの用語を使用してコミュニティと社会を定義しました。しかし、その後の数年間、これらの定義はやや厳格な概念と見なされていました。ウェーバーは代わりに、それらをコミュニティと社会の理想的なモデルと見なすべきだと提案しました。

コミュニティと社会の概念は、社会学やその他の社会科学の鍵です。このため、他の専門家もこれらの定義を何年にもわたって見直し、研究してきました。ドイツの社会学者ゲオルク・ジンメル (1858-1918) やアメリカの社会学者ロバート E. パーク (1864-1944) のような人々は、これらの問題を深く分析し、コミュニティや社会に関する新しいニュアンスや特徴を追加しました。

現在、GemeinschaftGesellschaftの概念は、農村部と都市部の人口がどのように機能するか、およびそれらの異なる共通の特性を分析、比較、理解できる理想的なタイプと見なされています。

しかし、Tönnies が説明したコミュニティと社会の最初の概念とは異なり、これらの概念は現在、より広く、より複雑になっています。なぜなら、同じ特徴を共有するコミュニティや社会、またはその両方の混合物を見つけることができるからです。同様に、19 世紀末から 20 世紀初頭にかけて、世界中で無数の政治的、文化的、社会的変化が起こり、それが人口に影響を与えました。グローバル化などの要因は、コミュニティや社会の発展と概念に大きな影響を与えました。

参考文献

  • バーク、P.歴史と社会理論。(2013)。スペイン。恋人。
  • Torterola、E.(2010)。現代の大都市のGemeinschaftとGesellschaft。ジンメルとパークにおける都市社会学に関するノート。UNLP の社会学に関する VI 会議。ラプラタ国立大学。入手先: https://www.aacademica.org/000-027/16.pdf
  • アルバロ、D. (2010)。Ferdinand Tönnies による「コミュニティ」と「社会」の概念。CEIC。入手可能: https://identidadcolectiva.es/pdf/52.pdf
  • パーク、ロバート E. (2013)。社会学、コミュニティと社会。エンピリア。社会科学の方法論ジャーナル。UNED。スペイン。入手可能: https://www.redalyc.org/pdf/2971/297125768008.pdf
-広告-

mm
Cecilia Martinez (B.S.)
Cecilia Martinez (Licenciada en Humanidades) - AUTORA. Redactora. Divulgadora cultural y científica.

Artículos relacionados