書記素とは

Artículo revisado y aprobado por nuestro equipo editorial, siguiendo los criterios de redacción y edición de YuBrain.


簡単に言えば、書記素は言語のアルファベットの任意の文字です。これは、任意の言語の最小書き込み単位に対応するため、その変更または別の記号による置き換えによって、書かれた単語の意味が変わる最小単位です。

書記素と音素

書記素は、話し言葉の音素に相当する書き言葉です。この意味で、音素は、2 つの異なる単語の発音を区別できる最小の音韻単位にすぎません。つまり、ある音素を別の音素に変えると、別の言葉になります。

多くの異なる言語が異なる書記素を使用して、複数の言語に共通の書記素と独自の書記素を使用して書き言葉を表現するのと同じように、各言語に固有で特徴的な音素もあります。

しかし、書かれた単語が私たちが話すときに発する音 (つまり、音素) のグラフィック表現である場合、一連の文字を書くときに、書かれた記号自体 (つまり、書記素)またはこれらの記号が表す音素に?

これは、規約によって実現されます。一般に、書記素を山かっこまたは山かっこで囲むことにより、書記素と音素を区別します。つまり、慣例により、<b> と書く場合、音素ではなく書記素 b を参照しています。

書記素と同義語

異字体は、同じ書記素を表すさまざまなグラフィック方法です。言い換えれば、それらは異なるように見えますが、実際には同じ意味を持つ書記素です (つまり、実際には同じ書記素です)。各書記言語で使用されるさまざまな書記素には、さまざまなバリエーションがあります。たとえば、タイポグラフィの分野では、アルファベットの各文字をさまざまなスタイルやさまざまな形で表現できますが、それでも同じ文字を表現できます。いくつかの例は、 <a>、 <a> <a> および<a>です。

複雑な書記素

スペイン語などの一部の言語では、別々に使用され、順番に相互に関連付けられている書記素があります。たとえば、スペイン語の <rr>、<ch>、<ll>、<gu>、および <qu> は非常に頻繁に使用される一連の文字であり、個々の文字とはまったく異なる音素を表します。

これは、前述の組み合わせ自体が異なる書記素であるのか、それとも逆に、単一の音を生成する 2 つの書記素によって形成された単なる有向グラフなのかを疑うものです。

実際に 2 つの書記素が連続していることを確認するには、2 つの書記素のうちの 1 つだけが異なる 2 つの異なる単語を見つければ十分です。たとえば、ボートを比較すると、2 つの <r> 書記素の 1 つを <c> 書記素に変更すると単語の意味が変わることがすぐにわかります。これは、rr が 2 つの単純な書記素に分解できるため、書記素ではないことをすぐに示します。

パチョー(太った体格の背の低い人を意味する)とパクトーカラカルマなどの単語を比較することで、言及された他の4つの有字グラフのうち3つについて同様の例を簡単に見つけることができます. スペイン語では、カタールなどの外国の名前の場合や、頭字語の一部として使用される場合を除いて、文字 q は u を伴わずに実際には使用されないため、有向グラフquはもう少し難しいです。 . この場合、q自体は書記素にはなりませんが、qu は​​書記素になることができると考えることができます。

小文字と大文字

小文字と大文字は本質的に同じ文字を表すと一般に認められており、それらの区別は主に文法規則に準拠するために使用されます。ただし、文頭以外では、大文字を使用すると、固有名詞を表す単語とそうでない単語を区別できます。したがって、文の途中にある場合、最初の単語は固有名詞であり、2 番目の単語は額縁を指すため、Marcomarco は同じ意味ではありません。

上記の場合、 <M> を <m> に置き換えると単語の意味が変わることは明らかなので、両方の記号は異なる書記素を表します。ただし、これは規則よりも例外であり、通常、小文字と大文字のペアは同じ書記素の異なる形式と見なされます。

書記素と分音記号

一方で、筆記で頻繁に使用され、私たちが書く文字を変更する他の記号についてここで言及することも重要です。これには、アクセント、ñ のチルダ、分音記号、フックなどが含まれます。書記素の概念の観点からは、分音記号で修飾されたさまざまな文字は、単語の意味を変える表記単位を表します。

たとえば、change change は同じ意味ではなく、唯一の違いは最後の文字ですこれにより、<ó> をリストに追加する書記素が 1 つ増えます。発音区別符号によって変更される他の文字についても同じことが言えます。しかし、そのように考えるべきか、それとも分音記号自体を書記素と考えるべきかについて、言語学者の間で合意はありません。

書記素の例

さまざまな言語の書記素の例は次のとおりです。

  • ラテンアルファベットの文字 <a、b、c、d など>
  • ギリシャ語のアルファベット <a、β、γ、δ など>
  • 日本語の漢字(あ、り、が、となど)
  • アラビア語のアルファベットの文字 (ل, क, ق, fro など)

参考文献

BBC。(2022 年 3 月 31 日)。書記素。BBCバイトサイズ。https://www.bbc.co.uk/bitesize/topics/zf2yf4j/articles/zd49bqt

ブストス、A. (2011 年 3 月 18 日)。書記素とは 言語ブログ。https://blog.lengua-e.com/2011/que-es-un-grafema/

Coelho, F. (2017 年 6 月 14 日)。書記素 (それが何であるか、説明と例) . 疑問の辞書。https://www.diccionariodedudas.com/grafema/

コンセプト。(nd)。書記素 – それが何であるか、概念、意味、音素https://concepto.de/grafema/

の定義。(nd)。書記素の定義https://definicion.de/grafema/

スクールラン。(nd)。グラミーとは? https://www.theschoolrun.com/what-grapheme

-広告-

mm
Israel Parada (Licentiate,Professor ULA)
(Licenciado en Química) - AUTOR. Profesor universitario de Química. Divulgador científico.

Artículos relacionados