アステカの太陽神、トナティウ

Artículo revisado y aprobado por nuestro equipo editorial, siguiendo los criterios de redacción y edición de YuBrain.


Tonatiuh または 5 番目の太陽は、最も尊敬されるアステカの神の 1 つでした。彼は太陽の神であり、毎日空に現れるために戦士や人間の犠牲に依存していたため、戦士や人間の犠牲に関連付けられていました.

トナティウの意味

トナティウの名前は「輝いている人」を意味し、 「輝く」または「照らす」を意味するアステカ語の動詞 tonaに由来します。ナワトル語で、トナティウという言葉は文字通り「太陽」、「日」、「太陽の星」、「東」を意味します。この神は、「神々の排泄物」を意味するアステカ語で「金」を意味するteocuitlatlと呼ばれることもありました。この用語は、太陽の色と、太陽から発せられる黄金の光が神の排泄物であるという信念に関連して使用されました。ミックステックは、彼がその素材でできていると信じていたため、彼を「ターコイズの王」とも呼んだ.

トナティウの特徴と属性

トナティウは太陽、豊穣、戦争の神でした。彼は人間に好意を与え、地球上の生命の成長に不可欠な熱と光を提供する良性の神であることが特徴でした. しかし、トナティウは残酷な神でもあり、彼女が自分の役割を果たし、世界を啓発するためには、多くの人を殺す必要がありました. このため、創造神としての属性に加えて、彼は戦争の神と見なされています。

一般的に、彼は太陽とエネルギーを象徴する色である赤と黄土色の肌を持つ男性として表現されていました. 時々、彼女は金髪のかつら、円形のイヤリング、翡翠の指輪が付いた黄色のヘッドバンドを身に着けていました. トナティウも光線のある太陽の円盤に囲まれており、彼の舌にはナイフの刃がありました。彼の手は爪のようでした。毎日空に上げられることから、鷲の形や羽の形で描かれることもありました。 

時々、トナティウは太陽の円盤を背負ってしゃがむ男の姿で現れた。時には、単に太陽円盤として表されることもありました。いくつかの儀式では、人が神を模倣し、背中に太陽の円盤を身に着けていました。 

トルテック文明に由来するトナティウの他の古い表現は、太陽の円盤と鷲の羽の頭飾りを備えた赤い人型の姿で彼を示しています. 

太陽神トナティウの最も有名な画像のいくつかは、ボルジア写本と太陽の石に見られます。 

ボルジア写本

ボルジア写本は、16 世紀にさかのぼる革製のコロンブス以前の写本であり、メキシカの宗教と暦のさまざまな神々や儀式的要素のイラストが含まれています。その名前は、18 世紀にコデックスを取得したステファノ ボルジア枢機卿にちなんで付けられました。

1804 年以来バチカン図書館にあるボルジア写本の 71 ページで、トナティウはさまざまな供物を受け取っているように見えます。

ボルジア写本
ボルジア写本、バチカン使徒図書館の 71 ページからの抜粋。

太陽の石

トナティウの最も人気のある別の表現は、古代のいけにえの祭壇またはメキシカ クアウヒカリであるピエドラ デル ソルにあります。中央にはトナティウの顔が彫られています。

この石造りの構造では、トナティウは目と眉毛、黒曜石のナイフの形をした外向きの舌、それぞれにブレスレットが付いた 2 つの手で表現され、人間の心臓を持っています。彼の周りには、他の 4 つの時代とそれぞれの太陽のシンボルがあります。 

メキシコ人にとって太陽を観察することの重要性から、彼らは独自の太陽暦を開発し、星やその他の天文現象のさまざまな動きをマークしました。

サンストーン
ピエドラ デル ソル、メキシコシティ国立人類学歴史博物館。

アステカ神話のトナティウ

アステカ人はアズトラン出身の民族です。西暦14世紀。C. 一部のナフア族がメキシコ渓谷のテスココに移住し、1325 年にいくつかの小島にメキシコ – テノチティトランの都市を設立しました。C. この文明は自らをメキシカと呼んだ。 

メキシカ族は、ハチドリの神、ウィツィロポチトリなどのさまざまな神々を崇拝し、この地域に到着すると、トラロック神やケツァルコアトル神など、既存の地元の神々や信仰の一部も取り入れました。

メキシコ人は、自然、世界、そして神々が全体の一部であり、すべての要素が複雑かつ複雑な方法で関連し、バランスを生み出していると信じていました. この秩序が失われたとき、悲惨な出来事が起こりました。バランス、保護、調和を取り戻すために、人々は特定の方法で行動し、神々に供物を提供する必要があり、多くの場合、人身御供が含まれていました.

創造の神話と第五の太陽の伝説

アステカ メキシカ神話には、私たちが知っている宇宙と世界の創造に関するいくつかの伝説があります。そのうちの 1 つは、自身を創造した二重創造神であるオメテオトルが時間の始まりに現れたことを示唆しています。次に、オメテオトルはオメテクトリとオメシワトルの 2 人の神によって形成され、そこからシペ トーテク、ヤオトル、ケツァルコアトル、ウィツィロポチトリの神々が生まれました。これらの神々は残りの神々を生み出しました。 

メキシコ人による世界の創造を説明するもう 1 つの神話は、第 5 の太陽の伝説です.この信念によれば、最初は世界に生命はなく、すべてが暗かった. 世界を創造し、闇を終わらせるために、太陽神が出現しなければなりませんでした。 

最初の太陽神は、夜と星座の神であるテスカトリポカでした。この神は、地球上のすべての生物をむさぼり食うジャガーを送ることで、最初の世界を終わらせました。2 番目の神は、ハチドリの生命と豊穣の神であるケツァルコアトルでした。彼は強風で世界を破壊した。太陽の第三の神は雨の神トラロックであり、彼は火の雨を降らせて世界を終わらせた. 太陽の第四の神は、水の女神であるハルキウトリクエでした。しかし、この女神は大洪水を引き起こし、世界を滅ぼしました。

メキシカ人は、自分たちが第 5 の時代を通過していると信じていました。つまり、第 5 の太陽、トナティウが支配する第 5 の世界に住んでいたのです。この時代は、農業の大きな発展とトウモロコシの栽培が特徴でした。以前の段階と同様に、メキシカ族は、おそらく地震によって、彼らが住んでいた世界も同様に破壊されると信じていました.

トナティウの起源

五度目の世界創造の瞬間、神々はテオティワカンで集会を開いた。そこで彼らは、世界を再び照らす責任者を誰にするかを決めなければなりませんでした。このプロセスは、テオテスカリの杭で神を犠牲にすることによって行われます。 

最初の志願者は、謙遜の神である神ナナワツィンまたはナナワトルでした。2 番目の志願者は、誇りの神である Tecciztécatl でした。しかし、犠牲の瞬間、テクシステカトルはためらいました。謙虚で病弱な神だったナナウアジンはためらうことなく篝火に身を投じ、新たな太陽として生まれ変わった。このようにして、第五の太陽であるトナティウが誕生した。テクシステカトルはナナウアツィンの後に自らを犠牲にし、月の神となった。この神話は、太陽が昼を照らし、月が夜を照らす理由を説明しています。

新しい世界は、すべての神々の故郷である巨大な浮遊する蛇であるシパクトリで生まれました。頭に十三の天が生まれ、体の中心に大地が生まれ、最後に尾に九つの冥界が生まれた。 

トナティウと人身御供

第五世界の創造と東方への太陽神の出現は成功したが、トナティウは空を移動することを拒んだ。彼らの動きを促進するために、神々は彼らの心を犠牲にしてトナティウに与えました。このようにして、太陽の神は日々の旅を始めました。 

神々の模範に従って、男性も一日中太陽の存在を維持するために自分自身を犠牲にしなければなりませんでした. これにより、後に犠牲になった捕虜が得られた数え切れないほどの戦争が発生しました。彼の心臓と血はトナティウに捧げられました。このようにして、その外観は毎日保証されていました。 

第五の太陽、トナティウの神話

トナティウは毎日空を旅する神でした。彼は東で生まれ、大地の豊穣の女神トラルテクトリが彼を飲み込んだとき、毎晩西で死にました。翌朝、トナティウは怪物に吐き出されて生まれ変わった。この旅を遂行するために、トナティウは血と人間の心を必要としていました。 

トナティウはすべての戦士の守護神であり、さまざまな理由で彼らと関係がありました。毎日、彼は闇との戦いを戦いました。彼は血に対する強い渇きを持っていました。そして、彼は戦士たちに犠牲を払って動きを続けさせました。 

トナティウのカルト

この必要性を考慮して、トナティウ神への崇拝は主に人身御供に基づいていました。このため、 Huey Teocalliとして知られる儀式が行われ、捕虜の心臓が取り除かれました。

これにより、メキシカは将来の犠牲者を捕らえることを目的とした特別な戦いを行う必要がありました. これらの戦争は「花の戦争」として知られており、囚人を生きたまま捕らえることから成り、その心臓は後に取り除かれ、トナティウへの捧げ物として与えられました。

トナティウはメキシコとグアテマラ全土で崇拝されていましたが、崇拝の主な中心はテノチティトランとテオティワカンの大都市であり、「太陽の都市」でした。

他のアステカの太陽神

トナティウは、メキシコ人にとって最も重要な太陽神の 1 つでした。しかし、アステカ文明の歴史を通じて、他の同様の神々も存在していました。多くの場合、地理的な場所にもよりますが、トナティウと他の太陽神への崇拝は同時に行われました。例えば:

  • ウィツィロポチトリは、テノチティトランでさまざまな歴史的瞬間に崇拝された太陽と戦争のもう 1 つの神でした。
  • ナナウアツィンはトナティウを生み出した人物であり、そのため、彼は太陽神と見なされることもありました。

その他の興味深い事実

トナティウの興味深い歴史に加えて、この神とメキシカ神話に関連する他の興味深い事実があります。

  • スペインによるメキシコ征服の間、メキシカ人はスペインの征服者ペドロ デ アルバラド (1485-1541) を「トナティウ」と呼んでいました。この奇妙なニックネームにはいくつかのバージョンがあります。一部には、彼の赤みを帯びた髪とあごひげのために、原住民がこのキャラクターを太陽神の化身と見なしていたことが示唆されています。しかし、別のバージョンでは、ペドロ・デ・アルバラードが持っていた残酷で冷酷な評判によるニックネームであることが示唆されています.
  • メル・ギブソンがプロデュースし、2006年に公開された映画「アポカリプト」では、花の戦争と人身御供が表現されたシーンがいくつかあり、これらの儀式がどのようなものであったかを知ることができます.

ソース

  • Ferrando Castro, M. (2021 年 4 月 7 日)。アステカ神話のトナティウとは?太陽神。レッドヒストリー。こちらから入手できます。
  • 未知のメキシコ。アステカの神々: 何人で、何者か. こちらから入手できます。
  • エクレッド。トナティウこちらから入手できます。
  • Cartwright, M. (2017 年 3 月 30 日)。トナティウこちらから入手できます。
  • デジバトリフ。ボルジア写本こちらから入手できます。
  • イナ。(2009 年 3 月 9 日)。アステカ カレンダーの調査結果。メキシコ政府。こちらから入手できます。
  • イナ。ナワトル大辞典。こちらから入手できます。
-広告-

mm
Cecilia Martinez (B.S.)
Cecilia Martinez (Licenciada en Humanidades) - AUTORA. Redactora. Divulgadora cultural y científica.

Artículos relacionados